Top >  アメリカンジョーク初級 >  アメリカンジョーク<最初の浮気疑惑>





アメリカンジョーク<最初の浮気疑惑>

A salesman was testifying in his divorce proceedings against his wife.

セールスマンが離婚訴訟で彼の妻に対して証言していました。

"Please describe," said his attorney, "the incident that first caused you to entertain suspicions as to your wife's infidelity."

「どうぞ説明して下さい」彼の弁護士が言いました。「あなたの妻の浮気の疑惑を初めて楽しんだ出来事を」

"Well, I'm pretty much on the road all week," the man testified. "So naturally when I am home, I'm attentive to the wife."

「そう、わたしは週のほとんど出かけていましたので」男は証言した「自然と家にいるときには妻に対して注意深くなってしまうのです」

"One Sunday morning," he continued, "we were in the midst of some pretty heavy love-making when the old lady in the apartment next door pounded on the wall and yelled,
'Can't you at least stop all that racket on the weekends?'"

「ある日曜日の朝」彼は続けました「わたしたちはかなりいちゃいちゃの真っ最中、古いアパートの隣に住む老婦人が壁を叩いてどなったのです。『週末くらいはそのラケットをせめて止めてくれないかい?』」

 <  前の記事 アメリカンジョーク  |  トップページ  |  次の記事 アメリカンジョーク  > 

         




このページについて

このページは「アメリカンジョーク」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴