Top >  アメリカンジョーク初級 >  アメリカンジョーク<ゲイの結婚>





アメリカンジョーク<ゲイの結婚>

A young gay man calls home and tells his Jewish mother that he has decided to go back into the closet because he has met a wonderful girl and they are going to be married.

若いゲイの男がユダヤ人の母を訪ねて素敵な女性に会って結婚するので閉じこもることに決めたよと言った。

He tells his mother that he is sure she will be happier since he knows that his gay lifestyle has been very disturbing to her.

彼は母親に彼のゲイのライフスタイルを良く思っていなかったことを知っているので、嬉しく思うでしょうと言った。

She responds that she is indeed delighted and asks tentatively, "I suppose it would be too much to hope that she would be Jewish?"

母親はもちろん嬉しいわよといい、「彼女はユダヤ人だといいのになんて願うなんて行き過ぎているわよね」と聞いた。

He tells her that not only is the girl Jewish but from a wealthy Beverly Hills family. And her father is a doctor.

彼は彼女はユダヤ人であるだけでなく、ビバリーヒルズの裕福な家庭で父親は医者なのだと言った。

She admits she is overwhelmed by the news, and asks, "What is this wonderful girl's name?"

母親はそのニュースにくらくらし、そして「その素晴らしい女性の名前は何ていうの?」と聞いた。

He answers, "Monica Lewinsky."

彼は「モニカ・ルビンスキー」と答えた。

There is a pause, then his mother asks, "What happened to that nice black boy you were dating last year?"

しばらくの間が開き、そして彼の母親は聞いた。「去年デートしていた素敵な黒人の少年はどうするの?」

 <  前の記事 アメリカンジョーク  |  トップページ  |  次の記事 アメリカンジョーク  > 

         




このページについて

このページは「アメリカンジョーク」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴