Top >  アメリカンジョーク上級 >  アメリカンジョーク<ブロンドは髪の色を変えても>





アメリカンジョーク<ブロンドは髪の色を変えても>

Once upon a time, a blonde became so sick of hearing blonde jokes that she had her hair cut and dyed brown. A few days later, as she was out driving around the countryside, she stopped her car to let a flock of sheep pass.

むかし一人のブロンドはブロンドジョークを聞くのにすっかりうんざりして、髪の毛を切って茶色く染めた。数日後、郊外を車で走っていたら羊の群れに出くわして車を停めた。

Admiring the cute wooly creatures, she said to the shepherd, "If I can guess how many sheep you have, can I take one?"

かわいいむくむくの生き物に魅了されて、彼女は羊飼いに「もし私が羊の数を当てたら1匹もらってもいい?」

The shepherd, always the gentleman, said, "Sure!"

いつも紳士的な羊飼いは「もちろん!」と言った。

The blonde thought for a moment and, for no discernible reason, said, "352."

ブロンドは一瞬考えたが、何の根拠もなく「352」と言った。

This being the correct number, the shepherd was, understandably, totally amazed, and exclaimed, "You're right! O.K., I'll keep to my end of the deal. Take your pick of my flock."

これが当たっていたので、羊飼いはすっかり驚いて叫んだ。「あなたは正解したよ!よし、約束を守ろうじゃないか。群れの中から好きなのを選んで」

The blonde carefully considered the entire flock and finally picked the one that was by far cuter and more playful than any of the others.

ブロンドは群れ全体を注意深く見回して、ついに他のどれよりもかわいくて遊び好きな1匹を選んだ。

When she was done, the shepherd turned to her and said, "O.K., now I have a proposition for you. If I can guess your true hair color, can I have my dog back?"

終わったとき、羊飼いは彼女に言った。「よし、じゃ、今度は私があなたに聞こうかな。もしあなたの本当に髪の毛の色を当てたら、私の犬を取り戻してもいいかい?」

 <  前の記事 アメリカンジョーク  |  トップページ  |  次の記事 アメリカンジョーク  > 

         




このページについて

このページは「アメリカンジョーク」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴